即日融資でお金を借りたい時の強い味方

お金が無い時はキャッシングしてみましょう ただし安易に借りるのはダメ!

お金がなくてご飯も食べられない、家賃が払えなくて滞納してしまった、電気ガス水道や携帯代金を引き落としの日に間に合わなくて止められるかも
なんて事はありませんか?

 

 

お金がない理由が浪費のしすぎでお金を借りたいというのは浅はかかと思います。
ですがたまたま急にお金が必要になったために生活費が捻出出来ないという事もありますよね。

 

そんな時は消費者金融でお金を借りてお金のない辛さから一時的に抜け出すのも一つの方法です。

 

身内や友人、知り合いにお金を借りるのは確かに利息はかからないかもしれません。ですが利息としてお金を失うより周りの人からの信用を無くす方が大きな物を無くしてしまうような気がします。

 

人間関係に煩わしさを感じずにお金の問題を解決するなら金融で借りるのが賢い選択だと思います。

 

 

即日融資の仕組み

 

キャッシングでお金を借りるためには、申込み後に行われる審査が終わるまで待つ必要があります。この審査というのが非常に時間がかかるものであり、申込をしても一週間から十日間も融資が遅れるといった事態を引き起こす原因でもあります。

 

しかし、そのような融資スピードが遅い審査は既に過去の話となりつつあります。というのも、ここ数年で審査のスピードは大幅に改善され、昨今では即日融資ができる領域にまで進歩したからです。

 

何故このような迅速な融資が現在では実現できるようになったのかというと、その背景にはインターネットとコンピュータの発達があります。

 

 

インターネットが発達している昨今、データはネットを通じていつでも素早くやり取りすることができます。たとえ自宅にいようとも、スマホさえあれば必要なデータを全て貸金業者に送信することができるため、余計な時間をとられることなく申込の手続きを完了させることができます。

 

このようなデータのやり取りの簡略化に加え、大手の消費者金融会社のほとんどが現在、審査をパソコンで自動処理する傾向があります。

 

昔は、たとえ信用情報が完璧で確実に融資してもらえそうな人でも、いちいち審査し、確認するといった面倒な作業をしなければ、融資はしてもらえませんでした。しかし、パソコンが発達した現在、審査は全自動で処理することができます。

 

審査にかかる処理スピードの劇的な向上が、現在のような即日融資できる環境の土台を形成しているのです。

 

即日融資をしてくれるキャッシング会社は?

 

 

即日融資をしてくれるキャッシング会社は基本的に大手がほとんどです。反対に、中小や零細の消費者金融会社になると、即日融資できる所が少なくなり、申込をしても融資してもらうまでに時間がかかることが多いです。

 

なぜ大手の方が即日融資してもらえる可能性が高いのかというと、それは大手の審査方法が原因です。昨今、大手の消費者金融会社はどこも画一的に、コンピュータによる自動的な審査を実施しています。審査にあたって特にヒアリングなどの調査はせず、申込者のデータを鑑みて融資するかどうかをその場で即決するのです。

 

そのため、大手の消費者金融会社に審査落ちしてしまうと、別の消費者金融会社でも審査落ちしてしまう可能性がとても高いです。たとえ高所得者であったとしても、一つでも審査落ちするような要因があれば、大手の消費者金融会社は機会的に審査で落としてしまうからです。

 

反対に、中小の消費者金融会社では貸せるかどうか一人一人丁寧に審査をするため、大手で落ちた人でも場合によっては融資を受けられる可能性があります。もちろん、そのような審査をしていれば時間がかかるため、即日融資はまず無理でしょう。

 

どのような審査をするかで、即日融資ができるかどうかが決まります。即日融資できるからといって必ずしも融資を受け取れるとは限りませんので、その時々の状況にあわせて貸金業者は選びましょう。

 

キャッシングのメリット

 

キャッシングのメリットとして、いざという時にすぐにまとまったお金を用意することができるという点があります。

 

将来の生活を考えるのであれば、若い時分よりお金を貯めておくことはとても大切です。しかし、世の中すべての社会人が高所得者というわけではありませんし、貯金だってそう簡単に貯まるものではありません。皆が皆、いざという時に対処できるだけのお金を持っているわけではないのです。

 

しかし、本人に蓄えがあろうとなかろうと、怪我や病気、冠婚葬祭など、お金が必要なタイミングというのはいつどのような時期にやってくるのかわかりません。お金が必要だけれど、貯金がない、そのような切羽詰まったタイミングの時にキャッシングは役立ちます。

 

無担保無保証人で借りれる即日融資可能なキャッシングであれば、簡単な手続きですぐに申込ができます。最近はオンライン申込が可能なところも増えていますので、スマホやパソコンがあればすぐに借入ができます。

 

特に今現在はお金を借りる予定はなかったとしても、万が一ということもありますので、いざという時のためにキャッシングに申し込んでおくと、貯金がなくても安心して毎日の生活を送ることができます。

 

キャッシングを利用しておけば、銀行だけでなくコンビニのATMでもお金を借りれるようになるので、深夜の飲み会や終電を逃してしまった夜など、突然の出費に迫られた時にも役立ちます。

 

キャッシングのデメリット

 

キャッシングのデメリットとして、まず返済があります。

 

給料やボーナスなどの給付される現金と違い、キャッシングで調達したお金はいずれ返済しなければなりません。そして、キャッシングで借りたお金は利息をつけて返さないといけないので、元金よりも返済額の方が高額になります。

 

利息というのはお金を借りた日数分だけ発生するものですので、いくら少額しか借りてなかったとしても、返済を怠れば利息が膨れ上がり、やがて多額の債務を背負い込むことになります。

 

このようなデメリットとは他に、キャッシングには在籍確認の連絡といった手続き上のデメリットも存在します。キャッシングはただ申込をしただけでは借りることはできません。本当に申告した通りの勤務先に在籍しているかどうかを確認するため、在籍確認の連絡を業者側がするのです。

 

規模の大きい会社であれば、一本在籍確認の連絡があったとしても、特に怪しまれないかもしれません。しかし、中小や零細のなどの規模が比較的小さい企業に在籍確認があると、そこからキャッシングをしていた事実が露見し、人間関係が気まずくなる可能性があります。

 

これらのデメリットに加え、キャッシングは返済に失敗すると、その事故の記録が信用情報機関に残るというデメリットがあります。このようなブラックリストの記録があると、今後ローンが組めなくなったり、クレジットカードが作れないなど、様々な悪影響を被る可能性がありますので、キャッシングはちゃんと期日どおりに返済しましょう。

 

借りる前にはキャッシングのシュミレーションをしておこう

 

キャッシングはまとまったお金を簡単に用意できるというメリットとは別に、返済に失敗すると今後の人生を左右するほどの悪影響を被る恐れがあるというデメリットがあります。

 

利便性が高い分、失敗した時のリスクも大きいという諸刃の剣なのです。そのため、キャッシングをする際には無理なく返済できるように、事前にしっかり計画をたてておく必要があります。

 

返済計画をたてるためには、シュミレーションが大事になります。1年で完済するためには毎月いくら返済をすればよいのか、収入に対して毎月いくらまでならば返済にあてても家計は圧迫されないのか、ボーナスで繰り上げ返済をすると完済の時期はどれほど早められるのかなど、シュミレーションをたてることで様々なことを事前に把握することができます。

 

シュミレーションをたてず、無計画に返済をすると、なかなか元金が減らず、いつまで経っても借金地獄から抜け出せないといった悪循環に陥る心配があります。

 

しかし、シュミレーションをたてておけば、家計が圧迫されることなく、安心して毎日の生活を営めるようになります。

 

計画的な返済をするためには、シュミレーションをして、正しく未来を観測する必要があります。今の自分の収入から見て、もっとも適切な返済プランとはどのようなものなのかを、シュミレーションをして計算してみましょう。

 

来店不要で借りる場合のメリット・デメリット

 

来店不要で借りるメリットは多いです。インターネットを使えば時間も短縮できますし、場所も選びません。24時間申込み可能なので、日中が忙しくても申込みが可能です。スマホからでも申込み可能なので、自宅にいても、職場からでも申込みができます。また、店頭に行くところを見られる心配もないので、誰にもばれずにキャッシングがしやすいです。

 

来店不要なら手続きに日数がかかるかということもなく、口座に直接お金を振り込んでもらえれば即日融資も可能です。時間、場所、手間、秘密、どの面から見ても来店不要のキャッシングは便利です。

 

ただし、来店不要で借りる場合にデメリットがないわけではありません。パソコンやスマホなどのインターネット環境がない場合、郵送などの手続きになってしまいます。郵送の場合は手続きが面倒なだけでなく、日数もかかってしまいます。

 

インターネットによる申し込みの場合にもデメリットはあります。店頭や電話での申込みと違って、オペレーターなどと相談しながらの申込みができません。疑問点を解消しながら手続きがしたい人にとっては、来店不要で借りるのには抵抗があるかもしれません。
その場合には、電話窓口で先に疑問点を解消しておいて、それからインターネットで申し込んでもよいでしょう。

 

WEB申し込みしてから入金までの流れ

WEB申込みは手続きが早く、急ぎでお金が必要な人、日中時間がとりにくい人にとっては便利です。申込みはキャッシングの公式サイトからすぐに行えます。本人確認が必要なので免許証を用意しておきましょう。郵送する必要はなく、写真にとって添付するだけで大丈夫なようにできています。

 

仮申込みの入力フォームに必要事項を入力していきます。氏名や生年月日、希望金額や用途、そして国保や社会保険などの種類や、勤続年数、年収なども入力します。これらの入力が終わると審査が始まります。
審査結果は最短で30分程度、ただし夜間や休日には翌日になる場合もあります。仮審査の結果は大抵電話で連絡がきます。この電話は本人確認のためでもあります。審査に通らない場合にはメールでの連絡の場合もあります。問題がなければ電話が来た時に本契約の説明があります。

 

本契約はそのまま来店不要で行う場合と、来店して行う場合があります。来店不要の場合、こちらで指定した口座に、直接お金を振り込んでもらえます。来店して行う場合には、その場でカードが発行されるので、カードを使ってATMから借入れを行います。来店不要の場合にも、後日カードが郵送されます。カードが郵送された後は、ATMから借入れが可能になります。