20代男性の出費について

20代男性がお金を必要とするのはどんな時?

20代男性がお金を必要とする理由として、趣味や付き合いがあります。車やバイクが趣味ならば、車体だけでなく維持費がガソリン代もかかってきます。釣りをするにもスキーをするにもゴルフをするにも道具が必要です。男性は凝り性が多く、道具にもこだわりを持ちたい人が多いです。それが自分の趣味となると尚更こだわります。

 

20代男性としては、何かと付き合いが増えていきます。会社に入って同僚や上司と付き合う機会は当然増えます。それだけでなく、まだ学生時代の付き合いが残っている男性も多い年代です。仕事にプライベートにと誘いに乗っていると、外食や飲み代だけで大きな出費になります。
特に男性の場合、付き合いを断るわけにいかない風潮があります。懐具合がさみしくても、それを口に出すことは許されません。30代以降と違って、まだ給料も少なく、貯金もそれ程たまっていない状況で、付き合いで飛んでいくお金は馬鹿にできません。

 

後は男性の場合、タバコやお酒にもお金が必要になります。両方やらないのであれば一番いいのですが、一度始めると中々止められないのがタバコとお酒です。しかも両方とも年々増税傾向にあり、今後ますますお金がかかることが予想されます。

 

20代男性は女性にお金をつぎ込み使う事もある

 

20代男性であれば女性にお金をつぎ込むこともよくあります。飲み屋で女性を口説く男性もいますし、風俗につぎ込む男性もいます。また、商売ではなくプライベートな付き合いで、恋人や異性の友達とのデートにお金を使う男性もいます。遊行費だけでなく、ブランド品などのプレゼントにお金を使うこともあるでしょう。これらの金額には上限がなく、のめりこむ人はとことんのめりこみます。

 

貢ぐというと聞こえは悪いですが、これも立派な投資です。ここでお金をつぎ込んだから恋人や結婚相手ができることもあるからです。昨今晩婚化が進んでいるといわれていますが、その最も大きな理由の1つが経済力です。女性が一人でもそこそこ食べていけるようになった事、終身雇用が崩れ、ただ在籍していれば給料が上がるわけにはいかなくなった事があり、結婚しても十分に養ってもらえる保証がなくなりました。

 

女性はすぐに結婚をしたがらなくなるだけでなく、経済能力も求めるようになりました。年収400万未満の会社員が増えている中でも、女性が結婚相手に求める年収は全く下がる気配がありません。女性の為にお金を使えるだけの気持ちと経済力がなければ、婚活にも影響が出てきてしまいます。

 

投資にお金を使う

 

投資にお金を使う男性も増えました。投資というと株やFXを思い浮かべる人が多いでしょう。短期でギャンブル的に株やFXで利益を得るのは、投資ではなく投機という言い方をします。この場合、儲ければたくさんお金が入りますが、負けてしまうと一気にお金が無くなってしまいます。これではハイリスクハイリターンな博打と同じです。
投資では自分の貯金や財産を長期的視点で増やしていきます。そのため、注目するのは利益率ではなくリスク管理となります。投資したお金の価値が減る可能性があるので、分散して投資するなどの対応をとります。きちんとリスク管理を行い、長期的に見るならば、投資は人生設計の大きな助けになります。
投資は株式などだけではありません。20代男性であれば、自分に対する投資にもお金を使いたいものです。スキルアップのための費用も、自分への投資費用です。資格の勉強にもお金がかかりますし、自分の身なりというのは意外と周りに見られているものです。靴が汚れている、すり減っている、これだけで自己管理ができていないと見なされる危険があります。
高いものを身に着ける必要はありませんが、こまめにクリーニングをする、靴は磨く、すり減ったら新しいものに履き替える、こういったことはとても大事ですし、やはりお金がかかります。