結婚式の資金が無い時のローンについて

結婚式にはどれ位お金がかかるの?

結婚式にはお金がかかります。それも数百万円という大金がかかります。会場、来賓数、披露宴の有無によって金額が大きく変わりますが、普通に挙式も披露宴もした場合の相場が300万円程度と言われています。金額が大きいものや、追加費用が発生しがちなものを把握しておくだけでも、イメージがつかみやすくなるでしょう。

 

挙式費用は教会、ホテル、レストランなどありますが、20万円程度が相場です。いきなり大金に見えるかもしれませんが、ここは追加料金がそれ程かかる部分ではありません。

 

費用がかかってくるのは披露宴です。特に新婦にとっては一番メインとなる部分です。披露宴では会場費の他に、料理が必要になります。この金額がおおきく、例えば15000円のコースで要したとしても、人数が50人いればこれだけで75万円もかかります。かといって料理の費用を節約してしまうと来賓の受けが悪くなってしまうので、単純に低いコースにするわけにもいきません。

 

他にも会場に設置する装花やケーキ、飲み物、衣装代に司会者費用もかかってきますが、これらは費用が大きく変動するところです。
招待状や引き出物などの費用も積み重なると結構な金額になります。節約したければ自分たちでできるものを自前で用意することで節約することができます。
結婚式の費用とは別に、遠方から来てくれる人の宿泊手配などの費用は早めに確認しておいた方がよいでしょう。

 

結婚式までにどれくらい貯金があればいいのかな?

 

仮に結婚式の費用に300万円かかるからといって、これを全て自分たちで用意する必要はありません。真っ先に思いつくのがご祝儀だと思います。親族で5〜10万円、それ以外で3万円が相場だといわれていますが、最近は思ったよりもご祝儀が集まらなかったというケースもよく耳にします。後は両親などからの援助です。これも過半数の新郎新婦が、親から援助してもらっています。

 

必要な貯金については、結婚式の費用から、ご祝儀と親類からの援助を差し引いた金額になります。親からの援助については各家庭で金額は大きく違いますし、一概には言えません。もちろんここの金額によって結婚式の費用や必要な貯金額が大きく変わってくるので、早めに確認しておくべきです。援助に関しては聞きづらい面もありますが、お金の話から入るのではなく、式を挙げたい、こういった形式で考えているなど、相談することで親の方でも察してくれると思います。また、親からの援助が多ければいいとも限らず、援助が大きければそれだけ親の意向に沿った段取りにしなくてはいけないというデメリットもあります。

 

一般的な相場としては100万円程度の貯金は必要だといわれていますが、やはり大きく金額に差が出る世界です。早め早めに金額をはっきりさせていかないと、後からが大変です。

 

ブライダルローンを利用するケースとは

 

結婚式の費用については、予想よりもかからなかったというケースは稀です。多くは思ったよりも費用がかかるものです。ブライダルローンとは、結婚式のための費用専用のローンで、金利も低く利用がしやすいローンです。とはいえローンであることには違いがないのでわずかでも利息も発生します。

 

ブライダルローンを使わずに済むならそれでもいいのですが、以下のケースに当てはまるのであればローンを検討してもよいでしょう。
結婚式について費用で妥協をしたくない人にとって、ブライダルローンは大きな味方です。予算がある以上、結婚式の計画は妥協との戦いでもあります。一生に一度の記念だからこそ満足のいく式を挙げたいと思うならば、足りない分をブライダルローンで賄えます。
おめでた婚で用意が十分にできていなかった、援助が思ったよりももらえなかったという人にもブライダルローンは問題を解決してくれます。プラン変更や予期せぬ出費で費用が足りなくなったという時にも助かります。

 

結婚後の費用に貯金を残しておきたいという理由でブライダルローンを選ぶ人もいます。結婚式に妥協はしたくないとしても、式の後にも何かと費用がかかります。ハネムーン、新居、引越し費用なども考えると、ある程度の蓄えは必要です。結婚式の費用はブライダルローンで賄い、新婚生活に必要な準備を貯金で賄うという考え方もありだと思います。