大学生のキャッシング

大学生がお金を借りたいと思う時はこんな時

親元で生活し、学費もお小遣いももらっている場合は別ですが、親元から離れた場所で一人暮らしし、
仕送りはしてもらっているものの、足りない生活費はバイト代で賄っていると言う場合、どうしてもお金を借りたいと思ってしまうことがあるものです。
大学生がお金を借りたいと思ってしまう場合として、次の様なものがあげられます。

 

・大学の試験などが続き、バイトを思うように入れることが出来なかった場合
・友達や先輩、恋人、サークルなどの付き合いのための交際費が多くかかってしまった場合
・資格取得のための費用がかさんでしまう場合
・格安旅行などを急遽計画した場合
・親に負担かけずに自分で何とかしたいと思い、毎月ギリギリの生活の場合
・欲しいものがある場合
・親からの仕送りがない場合
・誰かへプレゼントを渡す場合

 

もしかすると学生時代というのは、社会人よりも時間に余裕がなく、出費が多いものかもしれません。
勉強をしながら、空いた時間をバイトに充てて、それ以外にも付き合いはたくさんあります。
どうしてもお金が足りなくなってしまうことがあるでしょう。
しかし、大学生でも、成人であれば、キャッシングは可能です。また、資格取得などの学業に必要なお金であれば、
未成年でもバイトなどの一定の収入があればお金を借りることが可能です。

 

大学生のローンは借りすぎるのはタブー

 

学生時代の借り入れは、未成年や成人になって間もない場合のため、借入に対する重みを感じていないことが多いものです。
何とかなるだろうとキャッシングしたものの、返済期日にお金を用意できなかったということになると大変です。

 

大人になって、車のローン、家のローンを組むときにも、消費者金融での延滞記録で引っかかり、審査が通らないこともあるのです。
また、アルバイトでの収入を頼りにした借り入れなので、正社員よりも不安定と言えます。
いつ、どこで職を失うかもわからないからです。

 

職場を変えようと考え、バイトを辞めたものの、次のバイト先がなかなか決まらないということもあるでしょう。
シフトを思うように入れられない時もあるでしょう。
学生にとって一番大切なことはアルバイトではなく学業なので、試験などが続けば当然バイトの収入も減ってしまいます。

 

ですから、借りるのであれば、返済額に余裕を持たせるように設定する事が大切です。
学生ローンであれば、1万円から50万円まで融資可能な会社もありますが、それほど多くのお金を借りないようにし、
なるべく月々の支払いを楽にし、早い段階で完済出来るようにすることが大切です。

 

未成年は消費者金融でキャッシング出来る?

 

日本では、未成年が行った契約に関しては、その後取り消すことが可能とされているため、未成年によるキャッシングの申し込みは
基本的に受け付けない会社がほとんどです。
もし申込みが可能でも、その後審査に通らなかったり、親権者の同意が必要であったりするものなのです。

 

契約をして貸したのに、その後契約を取り消されてしまったら貸し損となってしまうからです。リスクを避けたいのは当然です。
WEB申し込みで、親への確認電話をしない会社なら偽ることも可能なのでは?と考える方も少なくないでしょう。
しかし、実際、この行為は犯罪です。

 

万が一ばれてしまった時に、取り返しのつかないこととなってしまいます。
消費者金融もその道のプロですから、偽りを見抜かれる可能性も高いのです。
しかし、未成年だからといって必ずしもお金を借りられないというわけではありません。

 

例えば、既婚者の場合、未成年でも、成人として認められます。
結婚していて、安定した収入がある場合、審査に合格する場合もあります。

 

また、クレジットカードのキャッシングや学生ローンであれば、可能な場合があります。
クレジット会社、ローン会社によって審査基準が異なるので、確認してみるといいでしょう。