フリーターや派遣でも借りたい

フリーターはお金は借りれるの?

フリーターでも、一定の収入があれば、キャッシングは可能です。総量規制の法律施行により、厳しくはなりましたが、これはあくまでも無収入の場合に規制されるものであって、毎月一定の収入がある場合はこの規制に引っかかることはありません。

 

しかし、未成年であったり、学生の場合はその借りられる会社も限られてきてしまうというのも事実です。親権者の同意が必要であったり、学生ローンやクレジットカードのキャッシングなどでは、借入限度額も低く設定されてしまいます。貸す側は返済能力を最重視していますので、ここは仕方ないでしょう。

 

また、フリーターでも、勤続期間が長く、収入が安定している場合は問題ありませんが、まだアルバイトを始めたばかりであったり、毎月の収入にばらつきがあったりしては、借入を断られてしまうことがあります。
アルバイトであれば、簡単に辞めることも可能であるため、短期間の勤務では信用されないことが多いのです。もちろん、フリーターであるからこそ、急なお金に困ることが多いのも事実です。その点を考え、返済能力があると判断されればキャッシングは可能ですが、正社員よりは審査は厳しいと考えておいた方がいいでしょう。

 

派遣でもお金は借りれるの?

 

派遣社員でも、フリーターと同じように、キャッシングは可能ですが、フリーター同様、正社員よりは審査が厳しくなります。借入限度額も低く設定されてしまう場合もあるでしょう。しかし、一定期間以上勤続していて、しかも掛け持ちなどで正社員より収入が多いと言う場合もあるはずです。この場合は問題なくキャッシングが可能となります。収入が複数あるのであれば、収入について記載する際、手続きを面倒がらず、全てをきちんと報告することが大切です。それにより、借入の限度額や規定も変わってくるかもしれません。

 

また、過去の借入に支払い事故が起こっていると、これもまた審査基準に引っかかってしまいます。支払を延滞してしまった過去は、ブラックリストから確認出来てしまうからです。一度キャッシングをしたら、どんなことがあっても支払期日は正確に守るということが、今後も利用しやすくするための秘訣でしょう。

 

もし、まとまったお金が入る予定があって、借入するのであれば、一定期間だけの無金利貸し付け制度を利用することもお勧めします。その会社によって、審査や方法など様々ですが、一定期間内であれば何度でも、無金利で貸してもらえます。返済するのは借りた金額だけでいいのです。収入が不安定な職業の場合は、こういったお得なキャッシングを利用するのもいいでしょう。