返済には遅れてはいけない

もし返済しなかったらどうなるのか

キャッシングで借りたお金はどのような事情があるにせよ、必ず期日まで返済しましょう。たとえ期日を遅れても、一日くらいならば大丈夫だと考えてはいけません。お金を借りる以上、必ず約束は遵守しましょう。

 

キャッシングで返済を延滞すると、デメリットしか存在しません。メリットらしいメリットはまるでなく、大きな災難を招くことになります。

 

もしも返済をしないと、まずは貸金業者の方から督促状と、催促の連絡がきます。そして、督促状には元金と利息、そして遅延損害金も払えと明記される事になります。そう、返済を延滞すると、延滞した日数分だけ遅延損害金が発生するのです。

 

ちなみに、遅延損害金は金利等よりも非常に高く設定している事が多いため、放置すると雪だるま式に膨れ上がっていきます。あまりにも長期間放置すると元金どころか利息すら払えなくなってしまうほど高額になってしまうので、延滞をしたら早急に返済しましょう。

 

返済日に間に合わず、延滞しているにも関わらず、さらに返済を怠り続けると、遅延損害金が発生する以上のデメリットを被ることになります。債権者は最悪、法的手段にうってでることで、債権を回収しようとします。要するに、債務者の財産を差し押さえるという事です。

 

一旦財産を差し押さえられ、口座を凍結されてしまうと、満足にお金を使うこともできなくなります。このように、返済をしないととてもマズイ事態に直面します。

 

もし遅れてしまったらこう対処しよう

 

もしも返済日までに支払いが間に合いそうにない時は、事前に貸金業者側へ一言連絡しておくことをオススメします。業者によってはこの内容次第では待ってもらえる可能性があるからです。

 

何の連絡もなしに勝手に延滞をされるとかえってマイナス評価になる恐れがありますが、きちんと事情があるのであれば、ちゃんと連絡はしましょう。

 

このような連絡をすることなく、支払いもせずに返済を放置すると、まず貸金業者側から督促状がきますので、できるだけ早急に返済をしましょう。督促状が来るようになってから遅延損害金が発生し始めるので、放置すると余計な費用が加算されていくだけです。

 

ただし、そもそも手持ちに返済にあてられるだけの所持金がなく、今後も返済できる見通しさえなければ、これを機に返済を諦め、債務整理の手続きを始めた方が良いかもしれません。

 

自己破産などの債務整理の手続きを始めれば、もう督促状が届くことはありませんし、勝手に財産を差し押さえられるなどの恐怖に怯える必要もないです。

 

これらの対策を一つもとらず、永遠に返済を放置し続けると、やがて貸金業者も法的措置に訴え出る可能性が高いです。というのも、何もせずに放置をするとやがて時効の援用をされる恐れが貸金業者側に発生するからです。

 

訴えられたら最後、ほぼ勝ち目はなく、口座を凍結され、財産も差し押さえられてしまう恐れがありますので、返済ができないのであれば潔く債務整理をしましょう。

 

消費者金融の遅延損害金って何?

 

消費者金融会社が何故お金を貸すのかといえば、それは将来利息をつけて返済してもらうためです。決して慈善事業でやっているわけではありません。

 

いってみれば、消費者金融会社にとってお客様というのはお金を返してくれる人、もしくは返済できるだけの経済力がある人になります。もちろん、いくら返済能力があるからといって、全ての人が必ずしも約束通りに返済してくれるとは限りません。

 

消費者金融会社の遅延損害金とは、そのような約束を守らない人への一種の警告のようなものです。

 

消費者金融会社は利息や手数料の他に金銭を請求することはまずありませんが、もしも債務者が返済日までに支払いをせず、遅延した場合、罰則金として遅延損害金を請求してきます。

 

この遅延損害金は債務者の延滞を防ぐことを名目にしているためか、非常に高めに設定されています。一日遅れるごとに利息よりも高額な罰金を払うことになります。

 

遅延損害金を払ったところで元金が変動することは一切ありません。増えることはありませんが、減額されることもありません。つまり、遅延損害金は本当に払うだけ無駄なお金ということです。

 

返済というのはただでさえ経済的に負担の多い行為です。そのような状況で遅延損害金など発生させれば、いたずらに返済のスピードを遅くしてしまうだけです。できるだけ早く借金漬けの毎日から抜け出したいのであれば、きちんと返済日を守ってお金を返しましょう。