自動車ローンで借りる前に

自動車ローンを利用する際の注意点って?

新社会人の中には、初めてのローンが自動車ローンだったという人も多いでしょう。大きな買い物なので、ほとんどの人がローンを組んで車を購入します。しかし、その多くがローン先をディーラーの勧めるままに組んでいます。実はディーラーが進める自動車ローンの金利は高く、低金利の所と比べると数十万円損をしている可能性があります。
自動車ローンの場合、金利の相場は2%〜5%程度が相場です。損をしたくないなら低金利な方がいいのですが、金利が低ければいいという単純なものでもありません。押さえておきたいポイントは3つあります。
1つ目は変動金利と固定金利です。固定金利なら金利が変わらないので安定している代わりに、金利は高めに設定されています。変動金利の方が低金利で魅力的に見えるかもしれませんが、変動して高くついてしまう可能性があります。リスクを抑えたいならば固定金利の方が安全といえます。
2つ目は保証料や手数料です。これらが金利に含まれている自動車ローンもありますが、必ず確認しておきましょう。見た目の金利が低くても、保証料が一括で請求されるというケースもあります。金利だけでなく保証料、手数料も含めた総額で比べないと思わぬ損をしてしまいます。
3つ目は返済期間です。例えば金利5.0%で200万円の自動車ローンを、3年で組んだ場合と5年で組んだ場合には、支払総額で10万円以上もの差が出ます。金利が低くても、返済期間が長ければ払う利息も多くなる点に注意しましょう。

 

自動車ローンで審査に落ちるケースはどんな時?

 

自動車ローンも借入れの1種なので、必ず審査があります。車のローンに落ちてしまうなんて昔は珍しいケースだったかもしれません。しかし今は、自動車ローンが通らずに購入できなかったという例も多くなってきています。
ディーラーで申し込むローンは金利が高いというデメリットがありますが、その分審査に通りやすいというメリットもあります。以下の条件に心当たりがあるならば、ディーラーの勧めるローンを組む方が確実かもしれません。
自動車ローンに落ちる理由として、勤続年数が短いというケースがあります。審査では年収や年齢だけでなく、勤続年数も重視されます。入社して1年未満の場合には注意が必要です。
また、最近特に多いのが信用情報に傷がついていて審査に落ちるケースです。クレジットカードやキャッシングを利用していて、過去に延滞などの履歴があると、審査は厳しくなります。
クレジットカードもキャッシングも利用したことがない場合でも、審査に落ちるケースがあり、特にこれが最近問題になっています。信用情報にはクレジットやキャッシング以外にも、携帯電話の分割支払金やテレビショッピングの分割支払金の情報も記録されています。携帯電話料金の中には、端末の分割代金も含まれている人が多く、普段携帯料金を遅れて支払っている人は注意が必要です。テレビショッピングも、自分が利用したつもりがなくても、家族が自分の名義で申し込んでいたというケースがあるので注意が必要です。