安定していない自営業は借りにくいのか

自営業や個人事業主でもお金は借りれるのか?

サラリーマンのような会社勤めの人と違って、自営業や個人事業主の方は確かに収入が安定していませんが、お金を借りれないというわけではありません。自営業や個人事業主の方を対象にした融資は世の中に数多く存在します。

 

ただし、消費者金融会社のキャッシングの使用用途には、事業資金としての使用は含まれていませんので、必ずしも自営業者や個人事業主がお金を借りれるというわけではありません。

 

貸金業者の中には自営業者や個人事業主に対しての融資をしていないところもありますので、お金を借りる際にはその申込先が自営業や個人事業主にもお金を貸してくれるかどうかを先に確認しておきましょう。

 

前年度の売上や現在の収益などが良ければ、自営業や個人事業主でも高額の融資を受けられる可能性はあります。しかし、まだ起業したばかりの人や、ここ数年は売上が芳しくないという人となると、お金を借りるのは難しくなる可能性があります。

 

自営業や個人事業主は収入が不安定なため、将来的には返済できなくなる可能性がサラリーマンなどの会社勤めの人と比べて高いので、どこの貸金業者も貸したくないというのが本音のところだからです。

 

ただし、大手の消費者金融会社の中には積極的に自営業者や個人事業主にもお金を貸してくれるところもありますので、どうしてもお金に困っている時はまずは大手から頼ってみることをオススメします。

 

事業資金として借り入れするのは難しいのか

 

事業資金を借りるとしたら、まずは銀行の融資があります。生活費と違い、事業資金というのは高額になりやすいため、借りるのであれば銀行のような大金を貸し出せるところが望ましいです。

 

しかし、銀行から多額の融資を受け取るためには厳しい審査をパスする必要があります。お金を貸すということは、最低でも元本は取り戻せるだけの信用が必要となります。少額の融資ならばたとえ貸し倒れになったとしても被害は小さく済みますが、大金となるとそうはいきません。銀行も高額の融資に対しては慎重になりますので、事業資金を銀行から調達するのはとても難しいです。

 

その一方で、消費者金融会社からならば銀行よりもスピーディーに、そして緩い審査でお金を借りることができます。

 

もちろん、普通のキャッシングでは、事業目的の融資は受け取れません。そこで、事業資金を調達する際にはビジネスローンのある消費者金融会社を選びましょう。

 

たとえ消費者金融会社であったとしても、ビジネスローンならば事業資金を借りることは可能です。ただし、ビジネスローンは銀行よりも審査が緩い反面、金利が高めに設定されている傾向があります。

 

これは貸し倒れのリスクを少しでも減らすための措置ですので、ある意味仕方がないともいえます。つまるところ、審査は厳しいけれど金利を低くしてお金を借りたいのであれば銀行がオススメですし、たとえ高金利でも簡単に事業資金を調達したいのであれば消費者金融会社のビジネスローンがオススメになります。