お金がなくて切羽詰る

光熱費が払えない

お金がないといっても人それぞれ状況は別です。貯金はあるけれど、今月出費がかさみ、予定していたよりも赤字が増えてしまったという人も厳密にはお金がない人ですし、本当に口座から財布までからっきしお金が入っていない人もお金がない人です。

 

お金がないという状況は人それぞれですが、貯金がある人に対し、特にこれといって財産を持ち合わせていない人となると、早急に何らかの対策をたてないと今後の生活が立ち行かなくなります。

 

本当にお金がないと、光熱費すら払えなくなってしまいます。

 

光熱費というと月々数千円という少額の出費のように思われますが、このような変動費は突如金額が上がることがあるので実はかなり注意が必要です。

 

平常時はそれほど高額になることがない光熱費ですが、これが夏や冬といった気温が急激に変化する季節となると話は別です。このような季節になると冷暖房などの家電を平常時よりも多用することになるので、自ずと光熱費は跳ね上がり、いつもよりも高くなる可能性があります。

 

普段はそれほど高額でないからといって甘く見ていると、思わぬところでしっぺ返しをくらう事になるのです。これくらいならば大丈夫だろうと光熱費を少なめしか用意していないと、予想以上に今月は高くて支払いができなくなる可能性があるので、光熱費は普段よりできるだけちょっと高めに用意しておきましょう。

 

家賃が払えない

 

光熱費のような変動費と違い、家賃というのは常に一定で変化しないものです。このような固定費は余程のことがない限り払えなくなるということはないでしょう。もしも可能性があるとすれば、普段よりも浪費をしてしまい、家賃にまで手をつけてしまった場合か、減給やリストラなどが原因で収入が途絶えてしまった場合の二つがあります。

 

もしも浪費が原因で家賃が払えなくなってしまったのであれば、今後は二度と同じ過ちを繰り返さないようにまず己を戒め、次にどうやって支払うか策を練りましょう。

 

どれほど払いたいと願った所で無いものは払えません。こういった場合は、キャッシングをして一時的にお金を作った方が良いかもしれません。いくら貯金がないとはいえ、仕事に就いているのであれば、キャッシングでお金を借りることができます。

 

次に、減給やリストラが原因で家賃が払えないようなケースでは、すぐに仕事を見つけるか、場合によっては引っ越しを考えた方が良いかもしれません。

 

特に、現在家賃が非常に高額なマンションに住んでいるような人ならば、今後もその家賃を支払うことは難しいでしょう。早急に引っ越しをし、家賃を減らす努力をした方が良いです。

 

ただし、収入が無いという状況は一時的なもので、すぐにでも転職して元の収入に戻すことができるのであれば、引っ越しをせず、キャッシングなどの別の手を講じた方が良いかもしれません。

 

デート代のためにお金を用意したい

 

もしもデートをしたいけれどお金がないという時は、一度今後のデートプランを練りなおしてみましょう。

 

デート代が足りない理由として、そもそもデートプランが毎回高額になっている可能性があります。初めてのデートならばいざ知らず、毎度お金がかかるデートを繰り返していては、いずれ貯金は底をついてしまう可能性があります。

 

デートというのは必ずしもお金をかけないといけないものではありません。公園をちょっと散歩したり、図書館や美術館などお金がかからない場所を一緒に巡るのもデートです。

 

外出したくなければ、自宅デートというのも検討してみましょう。デートだからといってわざわざ遠出する必要はありません。自宅で一緒の時間を育むのも立派なデートです。

 

本当に相手のことを思いやっているのであれば、お金のかからないデートでも大丈夫なはずです。もしも相手がそれを望まず、お金がかかる高額なデートしか要求してこないというのであれば、その人はそもそも恋人ではない可能性があります。

 

あまりにもお金がかかるような恋人とは、今後とも上手くやっていけない可能性が高いです。金銭感覚がどうしても自分とは合わないと感じたら、早急に別れた方が賢明かもしれません。

 

逆に、自分の金銭感覚と相性がピッタリだという人ならば、今後も末永く付き合える可能性がありそうです。

 

給料前でお金が無い時に借りたくなる人が多い

 

給料日前にお金が無くなる人というのは、大雑把に分けると二種類あります。

 

まず、突然の出費で今月だけ赤字になってしまったような人です。人生、生きていれば色々あります。突然の怪我や病気で入院することもあれば、冠婚葬祭でまとまったお金が必要となる事もあります。

 

このような突然の事態に遭遇した時、貯金がないとかなり生活が苦しくなります。そのような人は一時的にキャッシングをしてお金を借りることで、なんと給料日前にお金がなくなったというこの状況をどうにか打開することができます。

 

しかし、このような人と違い、もう一つのタイプ、つまり普段より給料日前になるとお金がなくなるという人は、かなり無計画なお金の使い方をしている可能性があります。

 

給料の額というのはよほどの事がない限り変わったりしません。毎月同じ額が支給されるものです。さらに、1ヶ月の日数というのは変わりようがありません。支給された給料をどのようなペース配分で使っていけば、貯金を残したまま次の給料日まで過ごすことができるのかは、計算すればすぐにわかることです。

 

ただし、もしも今の給料が明らかに少なすぎて、そもそも生活費そのものが賄えていないというのであれば、それは収入源そのものを変更した方が良いです。つまり転職です。生活費が払えない仕事場に勤めていても今後の生活が改善される見込みはないです。早急に転職し、より好条件の仕事に就きましょう。