消費者金融の規模の違い

大手消費者金融と中小消費者金融の違い

大手の消費者金融会社と中小の消費者金融会社には知名度や事業規模の他にも様々な違いが存在します。

 

まず大手消費者金融会社は全国にネットワークを張るだけの規模があるため、住んでいる場所に関係なく誰でも申し込みができます。一方で中小消費者金融会社の場合、全国から申込めるところも確かに存在しますが、特定のエリアに住んでいる人だけが対象など、住所によっては利用できない事も多々あります。

 

借りれる金額も、大手消費者金融会社の方が中小消費者金融会社よりも群を抜いて高いです。大手消費者金融会社の中には500万円もの融資にも対応している所がある上に、金利も中小より格段に低いため、少ない負担で融資を受けることができます。

 

このような融資条件の良さに加えて、大手は即日融資が可能といった、手続き上のメリットもあります。申し込みをする時間帯が早ければ、申し込みをした当日中に現金を受取ることがでいます。

 

このように様々な点で大手消費者金融会社は中小よりも有利です。しかし、審査の基準についていえば、大手よりも中小の方が審査が緩い傾向があります。

 

大手の消費者金融会社ならば絶対に相手にしないようなブラックの人であっても、中小ならば融資してもらえる可能性があります。

 

大手と中小にはそれぞれ一長一短が存在するのです。

 

銀行カードローンと消費者金融の違いとは

 

銀行カードローンは消費者金融会社と比べて、圧倒的にメリットが多いです。

 

勿論消費者金融会社といってもピンからキリまでそれぞれで、特に大手の消費者金融会社となると100万円以上の高額の融資にも対応しています。さらに、金利も驚くほど低いため、大手の消費者金融会社は借りるにはうってつけの貸金業者です。

 

しかし、銀行カードローンはそのような大手消費者金融会社よりもメリットが豊富です。まず借入額についてですが、銀行カードローンによっては500万円以上の融資も可能な所が存在しますので、大手よりも高額の融資を受けられる可能性があります。

 

加えて、いくら大手消費者金融会社が高額融資に対応していたとしても、銀行カードローンに絶対勝てない点があります。それが総量規制です。

 

総量規制がある限り、消費者金融会社が借り手の年収の3分の1を超えるような融資をすることはできません。しかし、総量規制の対象外である銀行カードローンならばそれは可能です。銀行カードローンはたとえ相手が収入のない専業主婦であったとしても、融資する事ができるのです。

 

メリットの大きさでいえば銀行カードローンは消費者金融会社よりも格段に上です。ただし、銀行カードローンは消費者金融会社と比べると審査が厳しくなる可能性があります。

 

初心者ならやっぱり大手

 

これから初めてお金を借りるというのであれば、まずは大手消費者金融会社から利用しましょう。

 

消費者金融会社は中小を含めると非常に多くの数が存在します。しかし、初心者の方がわざわざ中小の消費者金融会社を選ぶ必要はありません。

 

なぜ大手の方が中小よりも初心者にオススメなのかというと、それは大手の消費者金融会社が業界でも低金利で、借入額も高額だからです。

 

中小の消費者金融会社は全体的に大手よりも金利が高めに設定されているだけでなく、事業規模が小さいせいか借りれる額も少額である事が多いです。さらに、全国のATMと提携しているといった大手ならではのサービスがありませんので、キャッシングの利便性もそれほど高くはありません。

 

もちろん、中小の消費者金融会社にも審査が緩いといったメリットがあります。しかし、そのメリットを享受できる人というのはブラックの人や多重債務者に限定されます。今まで一度もお金を借りた事がないような、いわゆる信用情報に傷がついてないような人ならば、大手で審査落ちするような事はまずありませんので、審査についてそれほど不安視する必要はありません。

 

ブラックでもなければ多重債務者でもない初心者の人が、わざわざ金利の高くて使い勝手の悪い中小を選ぶ必要はありません。初めてのキャッシングは便利で安心な大手からにしましょう。