いくら借りれるのか知りたい方へ

お金はいくらまで借りれるの?

キャッシングの申込みをして、審査が行われ、無事融資契約を結ぶことができれば、晴れてお金を借りることができます。ただし、いくらお金を借りれるといっても無尽蔵にいくらでも借りることができるというわけではありません。キャッシングで借りることができる金額には上限があるのです。

 

まず、最大いくらまで借りれるのかといえば、それは貸金業者によって異なります。中小の消費者金融会社となると50万円までしか貸してくれないところもあります。

 

その一方で、銀行や大手の消費者金融会社の中には最高で500万円以上の融資を無担保無保証人で貸してくれることもありますので、多額の融資を求めているのであれば、銀行や大手消費者金融会社がオススメです。

 

ただし、いくら高額の融資に対応しているからといって、本当にその金額を貸してくれるかどうかはわかりません。というのも、総量規制がある昨今、消費者金融会社は申込者の年収の3分の1までしか融資ができないからです。

 

つまり、500万円の融資を消費者金融会社から受けるためには、年収が1500万円必要ということです。

 

このように借りれる金額は業者と申込者の懐事情によって大きく変動しますので、申込をする際には貸金業者だけでなく自分の所得もきちんとチェックしておきましょう。

 

コンビニで利用できるのはメリットかデメリットなのか

 

消費者金融会社の中にはコンビニと提携を結ぶことで、店舗内に設置されているATMを利用できるところもあります。このような提携ATMのある消費者金融会社のキャッシングを利用すると、あるメリットを享受することができます。

 

コンビニを利用できるメリットとして、まず24時間いつでもお金を借りることができるようになる点があります。お金というのはいつ何時必要になるのか誰にも予測がたてられません。真夜中の0時過ぎにタクシー代が必要となることもあるでしょう。

 

そのような時、たとえ財布だけでなく口座にも現金がなくても、コンビニでキャッシングをすれば、必要なお金をすぐに調達することができます。

 

コンビニは24時間営業しているだけでなく、全国至るところにありますので、見つけるのにも困らないでしょう。

 

このようにメリットの多いコンビニですが、その利便性の高さが時にデメリットを招くことがあります。

 

便利というのは必ずしも人にとって良いものをもたらすとは限りません。特にキャッシングような、使えば使うほど借金が増えてしまうものならば尚更です。

 

いくら便利だからといって毎回事ある事にコンビニで借金を繰り返していては、いくら少額ずつとはいえ、その内借金まみれの生活を余儀なくされます。

 

便利なのはいいのですが、借りたお金はすぐにでも返済しましょう。使いすぎは禁物です。