公務員のキャッシング

公務員でお金を借りるなら信頼度は高いので有利

フリーターでも、会社員でも、学生でも、主婦でも、急遽どうしてもお金が必要になってしまうことはあるものです。毎月きちんとやり繰りしているつもりでも、足りなくなってしまうときはあります。それは公務員においても同じことです。

 

公務員と言う安定した職業でも、急遽必要なお金が用意できなくて困るということもあるのです。
この場合、もちろん安定した収入がありますから、銀行のカードローン、クレジットカードのキャッシング、消費者金融など、どの会社でも有利にお金を借りることが可能でしょう。

 

また、公務員は特別有利な制度を利用することも可能です。それは、共済組合の貸付です。

 

審査や、貸付の制度としては、他の消費者金融とそれ程大差ないのですが、大きく違うのが、金利です。
消費者金融だと、金利が10%以上のところも多く存在しますが、この共済組合の貸し付けは、3%程度に留まるのです。他よりも低金利で、とてもお得にお金を借りることが出来ます。それだけ、公務員は信頼度が高い職業ということです。

 

共済組合の貸し付けには、医療、子供の学費、婚姻、葬祭、出産など種類別の貸し付けがあります。どの場合も、急遽必要となる場合です。もちろん、その時期に備えて貯蓄しておくことがベストですが、万が一足りなくなった時は低金利で借りられる制度があるということを知っておくと安心ですね。

 

公務員で使いすぎて散在すればお金はもちろん足らなくなる

 

公務員と言うと、お堅い職業で、何事も計画性を持ってきちんと物事を進められる真面目な方が就くもの、というイメージが強いものですが、公務員といえども、一人の人間です。

 

人によっては、不必要にお金を使いすぎてしまったり、お金の管理に甘い方もいます。公務員と言っても、その職種により収入は変動するものです。
公務員だからといって全員が全員、高収入というわけでも、消費者金融とは無縁というわけでもないのです。安定した収入が毎月あっても、急遽まとまったお金が必要になり、用意できないということもあるでしょう。公務員になったから、将来安泰だと安心しすぎ、無駄遣いをしすぎてしまっては、簡単にお金はなくなっていくものです。

 

ボーナスも十分もらえるでしょうが、1度にたくさんもらえたからと、散財してしまってはお金は簡単に消えてしまいます。ボーナスの使いみち、月々の支払、貯蓄など、きちんと計画を立てて、後から焦ったり後悔したりすることのないよう気を付けましょう。

 

また、収入が多い人ほど上司や後輩などとの付き合いも増えていくものです。収入が多いからと、家族からプレゼントをねだられる場合も多いでしょう。ボーナスが入ったからと旅行を計画立てたり、と、出費は増える一方ですと、気づいたときには底をついていたということも考えられます。毎月、使うお金と貯めるお金に分けて、きちんと管理していくといいでしょう。