キャバクラにのめり込みお金が足らない時のキャッシング

キャバクラに行くためのお金が欲しい

キャバクラには通い続けてしまう、要するにはまってしまうだけの魅力があります。キャバクラは安い遊びではありません。それでもはまってしまう人がいるのは何故でしょうか。女の子が好きだから、モテたいから、それも一理あります。

 

キャバクラに通う理由として多いのは、女性にお酒を注いでもらって話をするのが楽しいから、キャバ嬢を口説きたいから、の2つです。一度きりで割り切れるはずもなく、それが楽しかったなら、口説くのが目的なら、通い詰めることになります。
キャバクラは慈善事業ではないので、通えばそれだけお金がかかります。1回で10000円以上、プレゼントなどは数万円を超えることも珍しくありません。趣味としては、かなりお金を使う部類に入るでしょう。はまってしまえばあっという間に小遣いはなくなってしまいます。

 

お金の心配をするならば、キャバクラへ通う頻度を減らすなどの努力をした方がいいでしょう。しかし、そううまくいかないのがキャバクラ通いです。気に入った娘からは来店を促す電話がかかってきますし、口説きたいなら足しげく通う必要があります。

 

どうしてもお金が足りないならば、消費者金融などで借りるという手段もあります。しかし、キャバクラに通うお金を消費者金融で使い始めると、あっという間に限度額に達してしまうでしょう。キャバクラに行くためのお金としては、一度切りなど、限定的な使い方にとどめるべきです。

 

キャバクラの料金で失敗しないようにするには 

 

一人6000円だと言っていたのに会計になると10000円を超えていた、明細によくわからない追加料金が入っていた、キャバクラに慣れていないと、会計でこのようなことになる可能性があります。初心者が失敗しがちな料金について覚えておくとよいでしょう。

 

キャバクラではお気に入りの娘を指名することができますが、指名料が別途かかります。初めてであっても説明があるはずなので問題はないのですが、キャバ嬢からの2つのキーワードに気を付けましょう。キャバクラでは女の子が交代で入れ替わるタイミングがあります。その時に、「もう少しここにいてもいいですか?」と言われて承諾すると、それはその娘を指名したということになり、指名料がかかります。知らずに、気に入ってもいない娘に指名料を払い続けることがないよう気を付けましょう。「友達も呼んでいいですか?」というのも指名料がかかります。料金も二人分かかる場合もあるので気を付けましょう。

 

キャバクラの料金体制は時間でセットになっています。延長すればそれだけ追加で料金がかかります。中には自動延長のキャバクラもあります。もしも自動延長が心配ならば、延長の際には確認してもらうようにあらかじめ伝えておきましょう。