申し込みに必要な知識

申し込みの時は何が必要なの?

キャッシングの申し込みは昔と比べると非常に簡易化されています。かつてはわざわざ店舗にまで出向き、そこで直接申し込みをしないといけませんでしたが、インターネットが発達した現在は自宅であろうと外出先であろうと申し込みが可能です。

 

逆に言えば、このようなネット化が進んだ今の時代、キャッシングの申し込みにあたってはまずネットを利用できる環境が必須になります。インターネットの回線はもちろんですが、それを利用するための端末も必須です。

 

ただし、最近はスマホにも対応している所が多いので、パソコンがなくてもスマホや、ネットに対応している携帯電話などの端末があれば十分キャッシングの申し込みはできます。

 

このような申し込みに必要な環境を整えたら、あとは書類だけ用意すれば大丈夫です。キャッシングの申し込みにあたっては身分証明書の他に所得証明書が必要となります。

 

ただし、消費者金融会社の中には、少額の融資であれば所得証明書の提出を不要としている所もあります。このようなケースにおいて必須となるのは運転免許証などの身分証明書だけになります。

 

申し込みに必要なモノが全て整ったら、あとは実際にキャッシングの申し込みをするだけになります。滞りなく手続きが進めば、必要としているお金をキャッシングを通じて受けとることができます。

 

申し込みの方法はどうしたらいいの?

 

キャッシングの申し込みに必要な書類を用意したら後は実際に申し込むだけなのですが、その前に一つ確認しておきたいことがあります。それは申し込み方法です。

 

大手の消費者金融会社のようにオンライン申込から無人機での申込まで何でもできる貸金業者がある一方で、直接来店しないと申込はできないといった貸金業者も世の中にはあります。これから利用したい貸金業者はどうすれば申込ができるのか、きちんと調べておきましょう。

 

キャッシングの申し込み方法は、直接来店する方法と、来店不要の方法の二種類にわけることができます。さらに、直接来店する申し込み方法も、営業店舗に来店する場合と、無人機に来店する場合の二種類に分けられます。

 

営業店舗を利用する場合、営業時間内でないと申込ができませんが、無人機ならばいつでも申込ができるというメリットがあります。さらに、無人機を利用すれば他の人にバレずにお金を借りれるというメリットもあります。

 

ただし、本当に誰にもバレずにお金を借りたいのであれば、来店不要の消費者金融会社がオススメです。この手の消費者金融会社を利用すると、電話やFAX、インターネットを通じてお金を借りることができるからです。

 

特にオンライン申込は手続きが簡単でスピーディで、初心者でも非常に利用しやすいといったメリットがあります。

 

何社でも借り入れって申し込み出来るの?

 

いくら確実にキャッシングしたいからといって、一度に複数の貸金業者に申し込むことはオススメしません。

 

もちろん、何社からでも借りることは可能です。しかし、その場合は申込のタイミングをズラしてからにしましょう。というのも、一度に複数申込をすると、高確率で審査落ちしてしまう恐れがあるからです。

 

キャッシングの申込で審査に落ちるケースは様々です。収入が無かったり、過去に延滞などのブラックな情報があったりなど多岐にわたります。そして、一度に複数の貸金業者にキャッシングの申込をすることは、このような審査落ちの要因の一つとなります。

 

キャッシングの申込記録というのは、信用情報機関に残ります。キャッシングの申込をすれば当然ですが、貸金業者は信用情報機関にその申込者のデータを照会をすることになります。そこでここ最近、申込者が複数の貸金業者にキャッシングの申込をしていたことが発覚すると、この人はお金を持ち逃げする可能性がある人だと判断され、審査落ちしてしまうかもしれません。

 

このようなリスクがあるため、複数の会社から借入をしたい場合は、申込時期をズラしましょう。一度申込をしたら、だいたい6ヶ月以上の期間をおいておきましょう。それぐらいのスパンを開けることで、審査落ちすることなく二社目の借入ができるようになります。