無職のキャッシングは無理

ニート・無職は残念ながら借りれない

専業主婦は無収入のため消費者金融では借入できないのですがニートや無職も、当然無収入のため借入できません。これは、総量規制という法律施行のためなのですが、収入がない方の返済能力を考慮してのことです。いつかまとまったお金が入る予定があったとしても、確実ではありません。毎月一定の収入が必ず入るようでなければ、返済能力はないとみなされてしまうのです。貸す側はもちろん、きちんと利息を上乗せして返してもらうことが目的ですので、返済能力のない方へ貸し出したくないというのは当然と言えば当然です。

 

しかし、職探しのために一時的にお金が必要になってしまう場合もあるでしょう。この場合、無職になる前に、カードローンや消費者金融の契約を済ませておくと、無職になった時点でも借りられる場合があります。転職を考えている場合は、一時的に無職になる期間を過ごすために、先に契約しておくといいでしょう。

 

けれど、ニートの場合は別です。それまで働く意思のなかった方が、今後職につく可能性は極めて低いと考えられてしまいます。もし、クレジットカードを持っていれば、そのカードを利用し、現金化することもネット上には情報があります。ですがこれは法律には違反していませんが、カード会社に現金化の事実がばれた場合、利用停止になる可能性もあります。いずれにしろ、リスクが高い借入となってしまいますのでおすすめしません。

 

無職ならまずは仕事をして収入を得ることが大事

 

無職ならば、まずは仕事に就き、一定の収入を得ることから始めましょう。もちろん、その職探しのために面接用スーツや交通費、電話代などが必要となってしまうので、収入を得るためにお金を借りたいんだと
いう方も多いでしょう。

 

しかし、まずは小さなアルバイトでもパートでも派遣社員でも何でもいいので、収入を得ることが大切です。簡単な面接で雇ってくれる場所は、探せばいくらでも存在します。そして、少しでも収入を作ることから始めましょう。フリーターでも、一定の収入があるとわかれば、限度額を低く設定したり、条件を厳しくするなどの規制はかかりますが、キャッシングが可能になる場合があります。
一定額キャッシング可能となれば、本当の職探しの一歩を踏み出すことはできるはずです。職に就かず、職も探さず、借入も出来ないために身動きがとれなくなってしまうということだけは避けたいものです。

 

無職でも借入可能となっている消費者金融に手を伸ばしたくなる気持ちもわかりますが、この場合は悪徳業者である可能性が高くのちのち高金利に悩まされることにもなりかねません。支払いが出来ずに、現状よりも厳しい状態になってしまうかもしれないのです。まずは小さなことからコツコツと努力してみましょう。