入院費が払えない時はどうしたらいいの?

入院費が高くて払えない時はどうしたらいいのか

 いざというときの怪我や病気による入院は非常にお金がかかるものです。それに何時病気する、何時怪我するなどの予定なんてわかるものでもありませんのでいつでも急にお金が必要になるものです。それに救急などになれば救急費用なども発生するのでそれだけで高額になるものです。

 

そんな時は病院などにも依りますが受付に相談することで支払金額を分割にしてくれる場合があります。必ずしもというわけでもありませんし分割と言っても病院と本人の信用にもとづいての対応であるため相談がトラブルになることも少なくありません。

 

ですが必ずしも分割鹿対応方法が無いというわけでもありません。病気の内容や治療の内容、治療の期間などによっては役所に届けて必要書類などを揃えて提出することで高額医療制度や高額療養費貸付制度などが利用できる場合もあります。そのためには指定疾患にかかっていることや指定されている治療方法で治療中の場合などに限られることがあります。その他どうしてもお金の工面がつかないのであればその病状を理由に生活保護を受けるというのも方法です。そうすることで治療費は基本免除される為、収入に見合わない支出があると見られる場合は行政からこのような手ほどきを受けることが可能です。

 

高額療養費制度を使ってみる

 

医療費が高額になってしまうため治療が受けられない、もしくは治療を受けているが支払が困難である、そんな状況は誰しも考えられるものです。ですが人命第一とは言ったものです。そのための制度もいくつかあります。例えば高額医療制度を使えば治療費が一定の高額費用に達する場合は一部のみを支払うことで後は免除されるというものがあります。もちろん金額が一定金額に達するというだけでは申請することは出来ません。入院費用等も最低限の出費に抑えることも条件です。

 

高額療養費貸付制度というのもある 申請方法や流れについて

 

その他医療手当を受けることは出来ないが支払が困難という時には高額療養費貸付制度というものもあります。

 

この制度は言わば借り入れをするものですが医療費に充てるというのみの目的別ローンとも言える制度なのですが借り入れをしても無利子で返済することが出来ます。
もちろん、借り入れなので審査なしで利用できるというものでもありませんし病状や治療内容によっては利用できない場合も考えられます。いずれの制度も役所にて確認することが出来ます。大体入院診療計画書や治療計画書、収入証明書類などを提示する必要がある場合があるため、必要書類は各地方自治体に確認しましょう。