犬や猫が病気して手術になったら高額必要です

ペットの手術の費用ってお金がかかる・保険に入っていない人が多いので高額になる

ペットを飼っていれば、体調が悪そうなどの理由で病院に連れて行った経験のある人も多いでしょう。1回の医療費で10000円を超えて、思ったより高くて驚いたという人も多いと思います。人間と違って保険が利かないので、その位の費用は掛かってしまうのです。
中には10万円を軽く超えるような医療費を請求される場合もあります。それが入院や手術です。手術が必要になった場合、それまでの検査だけでも費用がかかっています。人間と同じでレントゲンを撮ることもありますし、CTスキャンを撮ることもあります。これらの費用が全て国からの補助なしで行われることを考えれば、ペットと言えども高額になるのは納得ではないでしょうか。

 

手術にかかる医療費については、動物病院の裁量によるところはあります。30万円を超えることはザラで、中には100万円を超えるケースもあります。しかも動物病院の場合、支払は現金かクレジットカード、病院によってはクレジット払い不可の所さえあります。
急なペットの体調不良で、緊急に100万円用意してくださいと言われてサッと払えるでしょうか。
このような事態に備えて、ペットにも保険があります。その名の通り、ペットにも高額医療費の為の保険が存在するのです。もちろんピンキリありますが、月2000円前後で加入できるので、入っておくのもよいでしょう。ただし、ペットが高齢な場合には加入を断られるケースもあるので、加入は急いだ方がよさそうです。

 

ペットの手術代が高額で足りないので消費者金融で借りる

 

ペットの手術代が高額で支払いができない、そんなケースは意外と多いです。まず、ペットを飼った経験がない人が思っている以上に、ペットを病院に連れていく頻度は多いです。そして、長年連れ添っているペットなので、入院や手術の経験を持つ人の割合も意外と多いのです。結構な頻度で、ペットの手術代で数十万円を超える手術代を払っている人は存在します。
ペットの手術代の問題として、緊急に必要になるケースが多い点と、分割での支払いができない点があります。動物病院の多くは現金払いかクレジット払いでの請求となりますし、中にはクレジット払い不可の動物病院もあります。そもそもクレジットカードを所持していなければ、どちらにせよ現金でその場で用意しなければなりません。

 

一時的な解決策としては、消費者金融を利用する手があります。消費者金融で借りて払ってしまえば、返済も分割で医療費を支払っているようなものです。利息は高くつきますが、ペットの命には替えられないと考える人の方が多いでしょう。
そして、このようなケースにおいて消費者金融は何かと都合よくできています。保証人や担保不要なので、免許証があればすぐに手続き可能です。さらに、スピード審査で急ぎで契約すれば、最短で申込んだその日の内に借入れが可能です。緊急でまとまったお金が必要な時には、消費者金融は最も都合のよい手段の1つです。