専業主婦でも金融で借りれるのか

専業主婦は銀行のカードローンなら借りれる

消費者金融は誰でも簡単に利用ができるイメージがありますが、専業主婦は利用ができません。貸金業社については、総量規制という法律によって、年収の1/3を超える金額の貸出しができません。そのため、消費者金融では、収入のない専業主婦がカードローンを組むことができません。ただし、パートやアルバイトであっても、安定した収入があれば主婦でも申込み可能です。

 

収入のない専業主婦でもお金を借りる方法として、消費者金融ではなく銀行のカードローンがあります。消費者金融でも銀行でも大きな違いはないのですが、銀行は総量規制の対象外なので、収入のない専業主婦だからといってカードローンが組めないことはありません。同じ貸金業であっても、銀行は銀行法という別の法律によって規制されているので、総量規制は適用されないのです。しかも、一般的に消費者金融よりも銀行の方が、金利が低い傾向にあるので、お得に利用できる可能性が高いです。
ただし、銀行ならどこでも借りられるのかというと、そうとも限りません。総量規制に関係なく、その銀行独自の方針で専業主婦の借入れを断っている銀行もあるからです。銀行なら無条件で大丈夫というわけではなく、その銀行の判断によっては貸出し可能ということです。それでも専業主婦OKの銀行はいくつもあるので、探すのにそれほど苦労はしないでしょう。

 

主婦で借りる場合、安定した収入があるかどうかがカギ

 

消費者金融は正社員だけでなくパートやアルバイトでも利用可能です。審査も簡単に通るという印象が強いようですが、実は専業主婦は借りられません。パートやアルバイトと専業主婦にはある決定的な違いがあるためです。
正社員やパート、アルバイトにあって専業主婦にはないもの、それは安定した収入です。消費者金融では、安定した収入があることが申込み条件となっています。消費者金融には総量規制という法律があり、年収の1/3を超える金額の貸し付けができません。年収の全くない専業主婦は総量規制によって借入れが難しいのが現状です。
ただし、消費者金融ではなく、銀行系のカードローンであれば、専業主婦でも借りられる可能性があります。消費者金融も銀行系のカードローンも同じ貸金行為ですが、銀行は総量規制の対象外です。銀行については、銀行法という別の法律が適用されるので、総量規制による規制は受けません。
銀行法については、収入がない専業主婦でも貸付けは禁止されていません。
だからといって、銀行系のカードローンであればどこでも専業主婦への貸付けを行っているかというと、そうとも限りません。総量規制の対象外であっても、銀行独自の判断で専業主婦への貸付けを行っていない銀行も数多くあります。

 

銀行系カードローンなら配偶者の同意は必要なのか?

 

専業主婦が銀行系カードローンを利用するときに、必要な書類で確認しておくものが2つあります。それは配偶者の同意書と、収入を証明する書類です。
銀行は総量規制の対象外ですが、総量規制でも専業主婦に貸付けを行う条件が記載されています。本人に安定した収入がなくとも、配偶者の同意書と、収入を証明する書類があれば貸付けは可能です。

 

銀行の場合はこれらの書類が必要な場合と、不要な場合があります。何故このような決まりがあるのかというと、収入がない人がお金を返済するにあたって、配偶者の収入も合算して返済能力とみなせるからです。夫婦の収入を合算して返済能力とみなすので、それを証明する書類が必要になります。
ただし、銀行のカードローンの中には、同意書不要なところもたくさんあります。高額のカードローンでなければ、専業主婦の申告のみで申込みが可能です。専業主婦の場合、例えば最高限度額20万円までなど、初めから限度額が低めに設定されていることが多いです。限度額が少なければ銀行側のリスクもそれだけ低くなります。そのため、同意書などの書類を用意しなくても貸付けOKにしてくれる銀行もたくさんあります。

 

銀行のカードローンなら配偶者の同意書がなくても申込み可能なところを探した方が楽です。ただし、同意書や収入証明書類がない方が絶対に良いわけではなく、多額のカードローンにこだわるならば、同意書などが必要でも限度額が高いカードローンを探すべきでしょう。

 

申し込みは銀行によっては銀行口座が必要な時もある

 

専業主婦でも借りられる銀行のカードローンはいくつもありますが、その銀行の口座がないと利用ができないところが多いです。そのような時には、申込みと同時に口座を開設することができます。では口座を作ればいいではないかと思うかもしれませんが、場合によってはここで問題が発生します。

 

まず、同時にその銀行の口座を作る場合、即日融資などの迅速な借入れに間に合わない可能性が出てきます。銀行の口座は、作ってください、ハイ作りました、というほど即座に作れるものではありません。大抵銀行の口座作成にあたって、カードは数日後に郵送で届きます。そのため口座開設まで数日の遅れが生じてしまいます。
また、口座を開設するのが家族にばれるのが嫌だという事情の人もいるでしょう。カードが郵送で届く理由の1つが、住所証明です。申告した住所に確かに住んでいることを証明するためにも、カードは自宅に郵送で届きます。

 

急ぎで借入れしたい人、カードが郵送で届くのが嫌ない人は、初めから口座開設不要の銀行カードローンを探すべきです。専業主婦でも借りられるからとすぐに決めずに、申込み条件も含めて検討すべきです。中には他行含めて口座自体不要なカードローンもあります。この場合には、借入れも返済も全てATMで行います。

 

専業主婦でも借りれる銀行系カードローンって何がある?

総量規制の対象外である銀行系カードローンであれば、専業主婦でも借りられます。ただし、全ての銀行で借入れ可能というわけではなく、専業主婦への貸付けは各銀行の判断に委ねられます。もしも現在専業主婦で、お金を借りたいのであれば、専業主婦でも借りられる銀行系カードローンを探す必要があります。

 

楽天銀行・イオン銀行が人気

 

専業主婦でも借りられる銀行系カードローンはいくつかありますが、人気のあるものとして楽天銀行、イオン銀行があります。全国で申込みが可能で、低金利、専業主婦でも利用可能という点が人気の理由です。
楽天銀行とは取引がなくても、楽天のサイトで買い物をした経験を持つ主婦は多いでしょう。楽天銀行カードローンはインターネットから申込みが可能で、金利は4.9%〜14.5%です。消費者金融との違いとして専業主婦でも利用可能なだけでなく、金利の面でも優遇されています。ネットから申込みできる点も便利ですが、楽天はクレジットカードもカードローンも審査が通りやすいという声が非常に多い点も選ばれる理由です。
イオン銀行も楽天銀行同様人気のカードローンです。もちろん専業主婦でも申込み可能ですが限度額50万円まで、金利は13.8%という条件になります。同等の限度額ならば楽天銀行よりも金利は低めです。ネットでの手続きに不安がある人でもイオン銀行なら安心して申込みできるでしょう。ただし、申込みや審査には日数がかかる点には注意が必要です。

 

育児中は消費者金融では借り入れ出来ないから専業主婦でも借りれるカードローンなら可能

 

主婦であっても、パートやアルバイトで働いているならば消費者金融の申込みは可能です。困るのが育児中や妊娠中で休職または退職している状態です。消費者金融は安定した収入がなければ申込みができないので、育児中などで休職していると利用ができません。
しかし、実際には出産前後や育児中こそ急な出費は多いものです。もしも今までパートで働いていたなら、休職中はなおさらお金に困る機会は増えるでしょう。そのような時には消費者金融ではなく銀行系のカードローンがお勧めです。銀行系カードローンの中には、安定した収入のない専業主婦でも申込み可能なものがあります。
消費者金融では借入れできなくても、大手メガバンク、地方銀行、ネット銀行、信用金庫などではカードローンの申込みが可能です。育児中で手が離せない主婦に人気なのは、手軽に利用のしやすい大手メガバンクやネット銀行のカードローンです。地方銀行や信用金庫の場合、来店しなければ契約ができない場合が多いですが、大手メガバンクやネット銀鉱の場合には、来店不要、ネットで申込みができる場合が多いからです。
普段育児で外出も大変な主婦でも、インターネットからの申込みなら手軽に利用ができます。もちろん来店できないからといって金利が高くなるようなこともありません。

 

パートしている主婦は消費者金融でも借りれる

 

主婦であっても、パートで働いているのであれば消費者金融への申込みは可能です。消費者金融の申込み条件の多くは、安定した収入の有無を問題にしています。逆に安定した収入があれば、パートやアルバイトであっても申込みは可能です。それは主婦であっても変わりません。
派遣社員やパート、アルバイトであっても申込み可能なのは、消費者金融の大きなメリットです。しかも大手消費者金融の場合、ネットから申込みができるだけでなく、電話での無料相談窓口があります。来店不要で相談や申込みができるのは、主婦にとっては頼りになると感じるでしょう。審査時間も短く、急なトラブルでお金が必要な時にも便利です。
パートをしている主婦でも申込み可能な消費者金融ですが、気になるポイントの1つが限度額です。パートの主婦でもたくさんの借入れができるのか、これについては残念ながら多額の借入れは難しいです。消費者金融の場合、総量規制によって年収の1/3までしか借入れはできません。
例えばパートが年収換算で60万円だとすると、申込みできる限度額は最大で20万円までとなります。この金額を十分とみるか少ないとみるかは人それぞれです。借入れは収入と支出とのバランスが大切なので、無理な借入れをして返済不能になるリスクは抑えられるのは確かです。