資格を取りたい、学びたいけど費用がない蓄えがなくて借りるケース

資格を取るためにお金を借りる 

資格を取ることのメリットは、就職に有利なだけでなく、手当などの報酬アップに繋がることや、独立開業のチャンスを掴むこともあります。簿記やファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士などの人気の資格もあれば、行政書士のように独立開業に繋がりやすい資格もあります。
資格取得には時間と努力、強い意志が必要となりますが、もう1つ必要なのがお金です。例えばファイナンシャルプランナーの場合、2級FP技能士で学科が4200円、実技が3科目あり、各4500円の受験料がかかります。

 

もちろん受験料のみで済むはずもなく、交通費、場所が遠い場合や2日以上かかる場合には宿泊費などもかかります。勉強のための教材の費用もかかりますし、確実に合格したければスクールや通信教育も検討することになります。ファイナンシャルプランナーなら、スクールの費用で20万円程度、通信教育でも5万円程度の費用がかかります。資格所得には何かとお金がかかるものなのです。

 

スキルアップのために、就職のために資格取得を目指す若者はたくさんいます。しかし、お金が足りなくて諦めてしまったという人もたくさんいます。お金が原因で諦めるくらいなら、いっそお金を借りることを検討してみてもいいでしょう。

 

キャリアアップのためにお金が必要・自己実現のためにお金を使う 

 

今サラリーマンとして収入を得ているとして、5年後も同じ会社で雇ってもらえている保証はありません。どんな大企業も、数年後にはどうなっているのかわからない世の中です。もしも会社に何かあった時にも対応できるよう、資格取得やスキルアップに精を出しているサラリーマンもいます。また、スキルアップ、昇給、出世の為にキャリアアップを考えているサラリーマンもいます。
自己実現のためにお金を使う人もたくさんいます。将来やりたいことがある、独立を考えている、語学を習得したい、自分の成長の為にお金を使うのは、素晴らしいことだと思います。

 

同じお金を使うのであれば、欲しいものを買うために散在するだけではなく、将来の自分への投資のために使うのもいいでしょう。今の10万円の投資が、10年後のスキルアップを考えると何百万円もの価値になっている可能性も十分にあります。
それでも人の意志は弱いもので、限られたお金を全て自己実現のためだけに使うのは難しいと思います。やはりたまには美味しいものも食べたいですし、友人と遊びに行きたいとも思うでしょう。モチベーションを考えても息抜きは必要です。普段は節制し努力をしつつ、どうしても息抜きのお金が足りない、逆に自己実現のための資金が足りない時には、お金を借りてしまうという手もあります。これも自分への投資の種類の1つです。