審査に通るコツってあるのか

キャッシングの利用用途は何でもいいの?

キャッシングの利用用途は基本的に自由です。借りたお金をどのように使うかは、借りた本人の自由意志に委ねられます。

 

ショッピングで使ってもかまいませんし、忘年会の支払いが高額になったのでその不足分を補うためでもかまいません。タクシーで帰りたいけど持ち合わせがないという時にも使えますし、冠婚葬祭のようなまとまったお金が急遽必要になった時でも使えます。

 

家賃やガス、電気、水などのライフラインの支払いに窮した時も、キャッシングを利用することで足りない分の額を補うことができます。

 

教育ローンや不動産ローンが利用用途を制限されるのに対し、キャッシングはこのように自由な目的で利用できるというメリットがあります。

 

ただし、いくら自由に使えるからといって、申込の際に聞かれる質問に対し、明らかに不適切な回答をすると、審査で落とされる可能性があるので注意しましょう。

 

消費者金融会社にキャッシングの申込をし、利用用途を聞かれた際には、できるだけ生活費を補うためと回答するのが望ましいです。引っ越しや旅行、レジャーなど、何でも良いので、基本的には生活のためにお金を借りるというスタンスで回答すれば、審査で落ちることはそうそうありません。

 

妙な申告をせず、まっとうな利用用途をきちんと伝えることが、無難にお金を借りる秘訣です。

 

審査に落ちるケースはどんな時?

 

収入が安定していて、特に他社の借入もないというのであれば、そうそう審査に落ちることはありません。ただし、お金を借りる理由が明らかに不審な場合は別です。

 

キャッシングの利用用途は基本的に自由ですので、生活費として利用する分には特に問題はありません。ただし、利用目的がギャンブルや賭博、さらには違法な目的の場合はこの限りではありません。

 

生活費の補填と違い、ギャンブルというのはお金をつぎ込んだからといって必ずしも見返りがあるものではありません。ただ闇雲に消費されるだけですし、何よりも過度なギャンブルへの依存は金銭感覚を狂わせます。正常な判断ができない状態でお金を借りても、身を滅ぼすだけです。

 

ギャンブル以外にも、他社返済のためのキャッシングの利用は拒否される可能性が著しく高いです。基本的に他社返済をする人というのは、現在多重債務を抱えている人、つまりお金を返済する能力が欠けている人ということです。

 

ギャンブル依存の人や多重債務者にお金を貸すことは本人のためにもなりませんし、なによりも貸したところで返済してもらえる可能性はとても低いです。

 

公序良俗に違反するような目的を持つ人に対して、貸金業者は基本的にお金を貸したりしません。申込をしても審査で落とされる可能性がとても高いです。