信用情報について

信用情報とはどういったところ?

信用情報機関を一言でいうと、私達の支払いや滞納の履歴を記録している機関です。なぜそのような機関が存在しているのか、それはクレジットカードやキャッシングなどで、その人に返済能力があるかどうかをきちんと調べるためです。返済の遅延情報や未払い情報が残っていれば、その人はお金の管理がきちんとできない人だという評価がされてしまいます。私たちが返済や借入れ、分割支払いなどの利用や返済についての履歴情報を、信用情報と呼びます。
例えばクレジットカードで家電製品を分割購入した場合、分割で購入したという履歴はもちろん、毎月の支払いが期日通りに行われているか、支払の延滞があったか、未払いがあるのか、全て信用情報機関に情報として記録されています。
信用情報機関には、いくつもの加盟企業があります。各信用情報機関に加盟している企業は、自店の顧客の支払いや契約の情報を信用情報機関に情報提供しています。その代りに、自社で審査を行う際には、信用情報機関に記録されている顧客の信用情報を確認することができます。これによって、初見の顧客の審査についても、お金の管理ができているのかどうかを調べることができます。クレジットやキャッシングの企業は、何らかの信用情報機関に加盟しており、審査時には必ず信用情報を確認します。

 

信用情報機関cic JICC 全国銀行個人信用情報センターについて

日本には3つの信用情報機関があります。顧客側がこれらの違いを意識する機会はそれ程ありませんが、企業は自身が加盟していない信用情報機関の情報を閲覧することはできません。

 

CIC信販

 いわゆるクレジット系の会社が多く加盟している信用情報機関です。

JICC

 消費者金融が多く加盟している信用情報機関です。

全国銀行個人信用情報センター

 その名の通り銀行が加盟している信用情報機関です。

 

それぞれの信用情報機関に記録されている情報の項目には、大きな違いはありません。氏名、生年月日、住所などの個人情報はもちろん、キャッシングやクレジットカードをいつ申込んだのか、いついくら借入れをして、今どれ位残債が残っているのかも記録されています。また、過去に返済の遅れなどがあった場合にも、その記録が残ります。もちろんきちんと送れなく返済しているのであれば、それもわかります。

 

信用情報としての記録は一生消えないわけではなく、一定の期間を過ぎると亡くなります。例えばキャッシングの申込みのみの履歴であれば半年経てば消えますし、支払い遅れの情報も5年経てばなくなります。例えばJICC加盟の消費者金融の審査を受けて落ちてしまった場合、半年以内にJICC加盟の別の消費者金融の審査を受けた時には、他社の審査を受けたという履歴も見られてしまいます。

 

ローンの審査に不安ならば開示請求をしてみる手段もあり

 

もしもローンの審査に不安があるならば、現在の自分の信用情報を確認できます。例えば昔にキャッシングなどを利用していて、支払いの遅れが頻繁にあった場合、今度の審査に影響する可能性があります。しかし、最後に取引をしてから5年が経過しているのであれば、深刻な事故情報でなければ記録から消えているはずです。
今の自分の信用情報がどうなっているのか、過去の事故情報が残っているのか、そのような時にはあれこれ推測するよりも、実際に情報を閲覧した方が早いし安心でしょう。自分の信用情報を閲覧する手続きを、信用情報の開示請求といいます。

 

信用情報の開示請求の方法とは

 

信用情報機関へ開示請求をする方法は、どの信用情報機関でもそれ程変わりません。専用の申込み用紙に必要事項を記入し、本人確認書類を添付して郵送します。用紙はインターネットから開けば手間もかかりません。手数料は1000円かかります。
また、直接信用情報機関に足を運べるなら、現地でも開示請求は可能です。この場合には500円の手数料がかかります。
また、最近ではインターネットからの開示請求も可能です。ネットから場合でも手数料は1000円かかります。
ネット以外の手続きであれば、代理人でも開示請求手続きは可能です。ただし信用情報の内容は本人宛に届くので、代理人へ届けることはできません。