初めて借りる時の注意するべきこと

初めてお金を借りる時の注意点・初心者なら必要分だけ借りて多目に借りるのはやめよう

生活費が足りない、欲しいものがある、冠婚葬祭など、お金を借りるきっかけは人それぞれです。キャッシングなら審査もカード発行もスピーディなので、最短で申し込んだその日の内に融資を受けられます。昔のように保証人を探したり担保を用意する必要はほぼなくなりました。免許証1つで手軽に申込みが可能です。

 

便利なだけでなく、より手軽になったキャッシングですが、初めての利用時には注意点が1つだけあります。それは、必要な分だけ借りることです。キャッシングで借りたお金が返せなくなる人もいますが、そのほとんどは借りすぎているのが理由です。

 

キャッシングを申込むときには希望の限度額を申告します。限度額を超えない限りは繰返し何度でも借入れが可能です。限度額が大きい方が自由に使えるお金が増えるので、喜ぶ人が多いです。ただし、大目に借りればそれだけ払う利息も毎月の返済額も増えていきます。
自由に借り入れできるからと、なんでも安易にキャッシングに頼ってしまうと、残債はどんどん膨らんでいきます。気が付いた時には限度額いっぱいになってしまって、毎月の返済もつらいという状況になるケースもあります。

 

初めてお金を借りるときの鉄則は、必要な分だけ利用するという心構えです。これさえ守っていれば、いつでも手軽に借入れができるキャッシングは、私生活の大きな助けになります。

 

金融で借りて増額はいつどのタイミングで出来るようになるのか?

消費者金融でお金を借りるときには、必ず限度額が設定されます。限度額までであれば一度に借入れしても、何度かに分けて借入れしても問題ありません。借入れした後も返済をすればまた借入れが可能になります。借入れと返済を繰り返していると、増額できるというお知らせが来ることがあります。増額されれば借入れできる金額がより大きくなります。

 

増額のお知らせが来る時期は一概には言えませんが、早ければ3か月程度でお知らせが来ることがあります。毎月借入れと返済を行っている場合、限度額いっぱいかそれに近い借入れをしている場合に、お知らせが来やすいです。
増額可能になるケースには大きく2つあります。金融会社側からお知らせが来る場合と、自分からお願いした場合です。どちらのケースであっても審査はあるので、相手から増額のお知らせが来たにも関わらず、審査に落ちるケースもあります。

 

増額出来るケースって?

 

実際に増額できるケースとして、頻繁に借入れを行っていて、かつ毎月きちんと返済している状態が理想的です。まったく利用がなければそもそも増額の必要はありませんし、返済が滞っている人には、金融会社側も増額はしたくないでしょう。
今は増額を考えていないにしても、いざという時のために返済は期日までにきちんと行っておくとよいでしょう。