収入証明書の種類

収入証明書は必ず必要なのか

キャッシングの申し込みをする際に、収入証明書の提出を求められる場合があります。しかし、全ての会社が、全ての場合において収入証明書の提出を必要としているわけではありません。貸出業務を行う際、借り入れる側の支払い能力を確認するために、収入を確認出来る書類を提出するようにと法律で決められています。無職、無収入の方が間違って借入してしまうことを避けるためです。
原則的には上限金額が決められていて、それ以下の借り入れの場合に関しては収入証明書の提出の義務がないとされています。その上限金額は50万円です。50万円を超えた借入額の場合、収入証明書が必要となってしまうのです。

 

50万円以下の借入であれば、基本的に収入証明書は不要ということになりますがケースにより求められることも実際にはあります。

 

また、銀行などの金融機関では、100万円を超えた際に、返済能力を確認するようにしている会社が多いようです。収入証明書の提出をせずにキャッシングしたい場合は、その会社が金融機関なのか貸金業なのかを確認し、収入証明書の提出が必要だとされる上限を超えないように気を付け、キャッシングするといいでしょう。

 

収入証明書はどんな物を用意すればいいのか

 

キャッシングをする際に、提出を求められる収入証明書。では、どの様なものを用意すればいいのでしょうか。貸し出す側としては、借入する側の返済能力が現時点であるのかどうかの確認を行うために提出を求めているので、その書類が最新のものであるというのは大前提です。また、月収や年収などの金額がきちんと記載されているものが好まれます。
主なものとしては

 

・源泉徴収票

 

・確定申告書

 

・給与明細書

 

・賞与明細書

 

・所得証明書

 

・青色申告決算書

 

・収支内訳書

 

・支払調書

 

・年金証書、年金通知書

 

などです。これらのうち、いずれかをコピーし提出すれば大丈夫です。

 

また、これは最初に借入するときに1度だけ提出すればいいというものではありません。状況はその時によって変化してくるものですので、数年ごとに再度提出を求められる場合があります。退職したり、再就職したりなどで、給料が増減することもあるでしょう。心配な場合は、再提出が必要ない程度の借入額に抑えておくことが大切です。また、再提出を求められた場合はなるべく速やかに提出をしなければなりません。連絡を無視するなどの対応により、キャッシングの利用停止となってしまうことがあるので、気を付けましょう。